物語

ブリタンニア


英国は、拡大を続けるローマ帝国への重要な追加でした。何十年もの間、ローマは地中海を征服していました-ポエニ戦争でカルタゴを打ち負かし、マケドンとギリシャを圧倒し、そして最終的にシリアとエジプトに行進しました。ついに、彼らはアルプスを越えてガリアに向かって北向きに見つめ、最終的には海峡を越えてブリタニアに照準を合わせました(彼らはそれが海であると信じていました)。西暦43年にクラウディウスが侵攻した後、島の一部は名前で属州になりましたが、征服は長いプロセスでした。絶えず反抗的で、2回再編成されましたが、最終的には西暦410年にローマ人によって放棄されました。

ローマの前のイギリス

ローマ人が到着したとき、イギリス(元々はアルビオンとして知られていました)は、ほとんどが小さな鉄器時代のコミュニティで構成されていました。英国南部は彼らの文化をガリア北部(現代のフランスとベルギー)と共有しました。多くの南部の英国人はベルギー出身であり、彼らと共通の言語を共有していました。実際、紀元前120年以降、トランスアルパインゴール間の貿易は激化し、ブリトン人はワインなどの国内輸入を受けました。ガロ-ベルギーの硬貨の証拠もいくつかありました。

シーザーのキャンペーン

ジュリアスシーザーの存在は征服には至りませんでしたが、紀元前55年と54年の両方でローマの司令官をチャネル全体にもたらしたのは、この激しい交易でした。以前は、海峡、またはマーレブリタニカムは、常にヨーロッパ本土と島々の間の自然な国境として機能していました。ガリア戦記でガリアを征服している間、シーザーはベルギーの交易路を妨害したかった。彼はまた、ブリトン人が彼らの親族のベルギー人を支援していると仮定した。その後、彼はローマ上院に島が銀に富んでいると信じていると告げることによって、彼のイギリスへの侵略を合理化した。共和国はおそらく島の存在を知っていましたが、英国はほとんどの場合、ローマには完全に知られておらず、より多くの迷信的な市民には寓話の中にしか存在していませんでした。トレーダーは島民の野蛮な慣行について繰り返し語った。多くのローマ人の嫌悪感に、彼らはミルクさえ飲みました。

それにもかかわらず、シーザーの島民との最初の接触はうまくいかず、敗北を避けるために彼はすぐに軍隊を再編成しなければなりませんでした。彼が5つの軍団を伴った2回目の「侵略」の間に、彼はテムズ川を越えてさらに北に押し、ブリトン人の首長カッシウェラウヌスに会いました。彼は数人の地元の首長が戦闘に加わったが、悪天候で海峡を渡らないようにするために、シーザーはガリアで増大する問題を装い、カッシウェラウヌスとの平和条約を取り決め、駐屯地を離れることなくヨーロッパ本土に戻った。多くのローマ人が海峡を渡るシーザーの遠足に熱心でしたが、シーザーの最悪の敵であるカトは驚きました。後期共和国の現代人であるギリシャの歴史家ストラボンは、価値のあるものは猟犬と奴隷だけだと言った。シーザーにとってより重要なのは、ガリアでの開発の困難、収穫の失敗、そして反乱の可能性でした。ローマ人はもう一世紀の間イギリスに戻らないでしょう。

クラウディウスの侵略

シーザーの死とその後の内戦により、共和国はもはや存在せず、ガウルのローマ字化が進むにつれて、アウグストゥス皇帝とカリグラ皇帝の両方の下で新帝国のブリタニアへの関心が高まりました。アウグストゥスの注意が他の場所に向けられている間、カリグラと彼の軍隊はイギリス諸島に向かって海峡を横切って見つめました-皇帝は彼の部下に彼らの槍を海に投げるように命じただけでした-侵入はありませんでした。実際の併合は、最もありそうもない皇帝、クラウディウス(41 – 54 CE)に落ちました。

西暦43年、アウルスプラウティウスの指揮下にある、4つの軍団と補助隊の軍隊を持つ皇帝クラウディウスがイギリス海峡を渡り、リッチバラに上陸しました。彼らは島の征服を始めました。皇帝の唯一の目標は個人的な栄光であると信じている人もいます。 Caligulaの下での長年の屈辱により、彼は認められることを切望していました。彼は16日間しかそこにいませんでしたが、もちろん、クローディアスは、西暦44年に栄光の勝利を収めてローマに戻った征服の功績を認めるでしょう。

歴史が好きですか?

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

ローマ軍はイギリスの海岸に上陸し、テムズ川に向かって北に向かって行進しました。クローディアスが彼らに加わったのはそこにありました。ローマの軍隊はすぐにカトゥヴェッラウニの領土を制圧し、カムロドゥヌム(現代のコルチェスター)で勝利を収めました。その後、軍隊はすぐに北と西に移動し、西暦60年までにウェールズの大部分とトレントの南の地域が占領されました。ノーフォークのイケニ族と北部のブリガンティズを含むクライアント王国がすぐに設立されました。 1つの軍団が北に送られている間、将来の皇帝ウェスパシアヌスは別の軍団を南西に導き、そこで20の部族の拠点を占領しました。チャンネルに近いため、ロンドン(ロンディニウム)やセントオールバンズ(ヴェルーラミウム)などの都市が設立されました。

反乱と統合

しかし、かなりの抵抗がありました。ブリトン人は戦いなしでやめようとしていませんでした。カトゥヴェッラウニ族のメンバーであるカラタクスは、ウェールズでかなりの支持を集め、西暦51年に捕らえられました。敗北後、彼は逃げ出し、ブリガンティズが支配する地域に向かった。ブリガンティズの女王はすぐに彼をローマ人に引き渡した。彼と彼の家族は鎖でローマに連れて行かれました。ローマでは、クローディアスを称賛するために勝利が収められましたが、捕らえられた首長にはローマの人々と話す機会が与えられました。

私の血統と階級が中程度の成功しか伴わなかったならば、私は囚人ではなく友人としてこの都市に来るべきでした、そしてあなたはとても気高い生まれの人と平和に同盟することを軽蔑しなかっただろう…あなたの前に持って来られたら、私の没落もあなたの勝利も有名にならなかっただろう。あなたが私を処刑すると、彼らは忘れられます。私を惜しまないでください、そうすれば私はあなたの憐れみの永遠の証となるでしょう。 (タキトゥス、年代記、267)

彼の人生は、彼の妻、娘、兄弟の人生とともに、クローディアスによって救われました。

カラタクスの反乱は失敗でしたが、ローマはまだ強力なブーディカと絡み合っていませんでした。彼女は、ローマの同盟国であり、イギリス東部の部族であるイケニ族のクライアント王であるプラスタグスの妻でした。西暦60/61年の彼の死は、彼の領土の半分をローマに、半分を娘たちに与える遺言を残しました。しかし、ローマは王国を共有することを望まず、代わりに、すべてを略奪することにしました。その結果、ブーディカはむち打ちになり、娘たちはレイプされました。彼女と彼女の軍隊は最終的に敗北するだろうが、彼女は立ち上がって軍隊を集め、隣のトリノヴァンテスと共に攻撃を続けた。ロンディニウムを含む町は略奪され、焼かれ、住民は殺されました-おそらく70,000人にもなります(これらはローマ数字であり、完全に正確である場合とそうでない場合があります)。彼の中で 年代記 タキトゥスは書いた、

ブーディカは、娘たちを前にして戦車ですべての部族を運転しました。 「私たちイギリス人は戦争中の女性司令官に慣れています。」彼女は泣いた。 「私は強大な男たちの子孫です!しかし今、私は自分の王国と富のために戦っていません。私は失われた自由、傷ついた体、そして憤慨した娘たちのために普通の人として戦っています。」 (330)

彼女は神々が彼女にイギリス人にふさわしい復讐を与えることを祈った。残念ながら、彼女の祈りは答えられず、ローマ人に降伏する代わりに、彼女は自殺しました。タキトゥスは、ローマ総督ガイウス・スエトニウス・パウリヌスの迅速な対応がなかったら、英国は失われていただろうと信じていました。

ローマ字

進歩は比較的遅かったが、ローマはイギリスの征服が必要であると考えた。ジュリアスシーザーは島を価値がほとんどないと却下しましたが、真実はそれからほど遠いものでした。

ワトリング街道の戦いは、低地でのローマの権威に対する最後の深刻な脅威でした。ブーディカに対する彼の勝利とは別に、ローマの存在感を強化したいという彼の願望で、パウリヌスはアングルシー島のドルイドの拠点も排除しました。ドルイドの宗教は常にローマ人と彼らの帝国崇拝に対する脅威と見なされていました。したがって、ブーディカの降伏に対する知事のかなり活発な反応は、ローマによる彼の想起だけでなく、彼はトゥルピリアヌスに取って代わられただけでなく、英国に対するローマの政策の変化にもつながりました。徐々に、英国人はローマの方法を採用していました。英国での存在感が強まるにつれ、ローマは大きな変化を遂げ始めました。焼けた町が再建されました。間もなく、行政首都として機能するロンドン(ロンディニウム)には、大聖堂、フォーラム、知事の宮殿、テムズ川を渡る橋ができます。

進歩は比較的遅かったが、ローマはイギリスの征服が必要であると考えた。ジュリアスシーザーは島を価値がほとんどないと却下しましたが、真実はそれからほど遠いものでした。税収だけでなく、スズ、鉄、金などの鉱物資源や、予想通りの猟犬や動物の毛皮にも役立ちました。鉱業が発展した。さらに、その穀物、牛、そしてもちろん奴隷がいました。道路が建設されました。カンタベリーとウェールズ国境のロクシターを結ぶワットリングストリートと、ロンドンとヨークの間を走るエルミンストリート。そして、経済が急成長すると、商人が到着し、貿易と商業が増加しました。しかし、強力な軍隊の存在にもかかわらず、抵抗が続いたため、拡大は緩やかなままでした。

アグリコラのキャンペーン

西暦77年から83年まで、軍事司令官グナエウスユリウスアグリコラ(皮肉なことにタキトゥスの義父)が知事を務めました。アグリコラがイギリスに来たのは初めてではありませんでした。彼はそこでスエトニウス・パウリヌスのスタッフの若い男として軍のトリビューンとして仕えていました。彼の中で 英国と ドイツ、 歴史家は、アグリコラが以前に英国に滞在したことについて、彼はエネルギッシュでしたが、決して不注意ではなかったと述べています。当時の英国の情勢について、彼は次のように書いている。勝利を考える前に」(55)。ブリトン人は守勢に立っていた。 「私たちには、戦うべき国、妻、両親がいます。ローマ人には、貪欲と自己満足しかありません」(65)。

トリビューンは彼の技術をよく研究し、知事として島に戻ったとき、彼は準備ができていました。彼の最初の仕事は、軍の緩い規律を再構築し、虐待を減らし、それによって男性に「平和を愛し、尊重する」理由を与えることでした。彼は新しい軍隊と共に北に向かってカレドニア(スコットランド)に向かって行進し、途中でイングランド北部の大部分を征服しました。

一連の紛争で、アグリコラは勝利を収め、ウェールズ北部を鎮圧し、ついにモンスグラウピウスでカレドニア人と会うことができました。知事は、隣接するアイルランドの島にさえ目を向け、1つの軍団だけでそれを奪うことができると主張しました。残念ながら、ドミティアヌス皇帝(81-96 CE)がドミティアヌス皇帝に呼び戻され、ドミティアヌスに沿って侵入者と対峙したとき、アグリコラはスコットランドから撤退することを余儀なくされました。しかし、反逆者に対する彼の攻撃にもかかわらず、アグリコラは残酷な征服者ではありませんでした。彼が北に建てた砦のほかに、彼は「文明化」またはブリトン人のローマ化を促進し、都市化を奨励し、劇場、フォーラム、および風呂を備えた町に移動しました。そして、他の征服された土地のように、ラテン語が教えられることになっていた。

ハドリアヌスの城壁とアントニヌスの城壁

残念ながら、彼の成功はドミティアヌスに見過ごされることはありませんでした。ドミティアヌスは嫉妬の念を抱き、アグリコラを思い出しました。彼が北に望んでいた領土であるスコットランドは、今後何年にもわたって完全に征服されることはありませんでした。最終的には、長さ73マイル(118 km)の石と芝生の壁が、英国の州とハドリアヌス皇帝(西暦117〜138年)の下の野蛮な領土の間に建設されました。皇帝は西暦121年と122年にガリアとイギリスの両方を訪れ、平和を維持するためには国境を確保する必要があると信じていました。彼は、外部の拡大がフロンティア防衛の強化への依存の高まりを意味することに気づきました。建設に何年もかかり、15,000人の兵士を配置しましたが、野蛮人を締め出すためではなく、監視とパトロールのためだけに設計されたようです。

西暦139年に、長さ37マイル(60 km)のアントニヌスの城壁(アントニウスピウス皇帝にちなんで名付けられました)が建てられました。フォース湾とクライド川の間の北100km。しかし、防御するのは難しすぎたため、西暦163年に放棄されました。

3〜4世紀の発展

さらなる変化がすぐに島にやって来ました。より効率的に統治するために、島は半分に分割され、ブリタニアスーペリアはロンドンから統治され、ブリタニアインフェリオールはヨーク(エボラカム)から統治されました。皇帝ディオクレティアヌスは後に州を4つの別々の地域に分割しました。ディオクレティアヌスの四分の一のために、イギリスは西の皇帝の監視下に置かれました。

トラブルは英国を悩ませ続けました。西暦3世紀の間、島はスコットランドのピクト人、アイルランドのスコットランド人、ドイツのサクソン人から絶えず攻撃を受けていました。カラウシウスとその後のアッレクトゥスが率いる反乱により、英国は一時的に別の王国になることができた後、西コンスタンティウス(293 – 306 CE)のローマ皇帝は西暦296年に支配権を取り戻しました。皇帝は彼のキャリアの早い段階でケルト族と戦う軍事トリビューンを務めていました。彼の勝利を祝って、彼はロンドンの人々から「永遠の光の回復者」という非常にふさわしい称号を授与されました。

放棄と余波

しかし、キリスト教の到来とともに、西暦4世紀の終わりまでに、ローマは英国の支配を維持するのに苦労していました。西暦410年にアラリックがローマを略奪した後、帝国の西半分は大きな変化を遂げ始めました。スペイン、イギリス、そしてガリアの大部分はすぐに失われるでしょう。コンスタンティノープルに本拠を置く帝国の東半分は、経済と文化の中心地になりました。豊かな穀物生産地域の喪失はローマを破滅させました。歴史家のピーター・ヘザーによると ローマ帝国の衰退、英国は他の州とは異なり、多くの民間人や軍人が取り残されていると感じたため、ローマとの反乱や崩壊の傾向が強かった。他の場所で注意(主に防御)が行われていました。西暦367年にサクソン人の反乱軍を打ち負かした皇帝バレンティニアヌス1世(西暦364〜375年)は、徐々に軍隊を撤退させ始めました。西暦410年、西の最後の皇帝の1人であるホノリウスが完全に撤退しました。皇帝は個々の英国の都市に手紙を書き、彼らが自分たちのために「身を守る」ことになっていることを知らせました。最終日には、ローマの治安判事が追放され、地方自治体が設立されました。

英国はもはやローマの州ではありませんでした。しかし、その後の数年間は、島の人々と文化に対する帝国の影響をすべて消すことはできませんでした。ローマと時折接触がありました。宣教師はキリスト教徒が異端者と戦うのを助けました、そして5世紀にサクソン人からの攻撃が増加し、アイルランドとスコットランドからの略奪者がイギリスの海岸を襲撃したので、助けを求めるローマの指揮官アエティウスに訴えが出ました。彼は決して答えなかった。ヨーロッパが「暗黒時代」のベールに陥ったとき、イギリスはより小さな王国に侵入するでしょう。ヴァイキングは8世紀後半に海を渡り、何十年にもわたって大混乱を引き起こしました。最後に、一人の男がバイキングの征服の試みを阻止し、イギリスの王アルフレッド大王であると主張しました。英国は回復するでしょう。


ブリタンニア

ジュリアスシーザーは紀元前58年から50年の間にガリアを征服し、紀元前55年から54年にイギリスを侵略し、それによって島をローマの世界と密接に接触させました。シーザーの侵略時の英国の説明は、現存する最初の首尾一貫した説明です。紀元前20年頃から、テヌアンティウスの北にあるカトゥヴェッラウニ族、シーザーの敵であるカッシウェラウヌスの後継者、そして川の南にある、コミウスとその息子のティンコマルス、エッピッルスによって支配されたアトレバス族の王国を区別することができます。 、およびベリカ。テヌアンティウスは約5世紀に息子のクノベリヌスに引き継がれました。クノベリヌスは長い統治の間に、カムロドゥヌム(コルチェスター)から統治していた南東部全域に権力を確立しました。これらの王国を超えて、現在のノーフォークにイケニ族、ミッドランズにコリエルタヴィ、グロスターシャー地域にドブニ(ドブニ)、ドーセットにドゥロトリゲスがあり、そのすべてがコインを発行し、おそらくベルギーの支配者を持っていました。これらの背後には、さらに独立した部族があります。デボンのドゥムノニ族、北部のブリガンティズ、ウェールズのシルレスとオルドビッチです。ベルギーと半ベルギーの部族は、後に属州の文明化された核を形成し、したがって、ローマの英国に大きく貢献しました。

シーザーが特定の英国の部族と確立したクライアントとの関係は、アウグストゥスによって拡張されました。特に、アトレバティックの王たちは、カトゥヴェッラウニアンの拡大に対する抵抗におけるローマの援助を歓迎しました。島を征服するという皇帝クラウディウスの決定は、一部は彼の個人的な野心の結果であり、一部は英国の侵略の結果でした。ベリカは彼の王国から追い出され、助けを求めていました。敵対的なカトゥヴェッラウニアンの覇権が海峡全体の安定を危険にさらすと計算された可能性があります。アウルス・プラウティウスの下で、帝国の支配下にある好戦的な部族の間で育てられた騎兵と歩兵からなるいくつかの補助連隊とともに、4つの軍団の軍隊が結成されました。軍隊が海を渡ろうとしないことによって遅れが生じ、それが人間の世界の境界と見なされた後、43世紀にケント州リッチバラに上陸しました。クノベリヌスの息子で後継者であるトゴドゥムヌスとカラタクスの下のイギリス軍は驚きに襲われ敗北した。彼らはロチェスター近くのメドウェイ交差点を守るために引退したが、激しい戦いで再び敗北した。カムロドゥムナムへの道は開かれたが、プラウティウスはテムズ川に立ち寄り、キャンペーンの終盤を個人的に指揮した皇帝の到着を待った。ある短い季節に、主要な軍事的反対勢力は押しつぶされました:トゴドゥムヌスは死に、カラタクスはウェールズに逃げました。ベルギーの拡大が緊張を生み出したので、英国の他の地域は決して団結していませんでした。いくつかの部族が提出し、残りを鎮圧することは44年の任務のままでした。この目的のために、単一の軍団または軍団の一部からなるより小さな遠征軍が形成されました。 補助 (補助連合軍)。最も文書化されたキャンペーンは、チチェスターから始まる合法的なウェスパシアヌスの下での第2軍団のキャンペーンであり、そこではアトレバティック王国が復元され、ワイト島が占領され、ドーセットの丘の砦が縮小されました。レギオンIXはリンカンシャーに進み、レギオンXIVはおそらくミッドランドを越えてレスターに向かって進んだ。コルチェスターが主な基地でしたが、この段階での個々の軍団の要塞はまだ特定されていません。

プブリウスがオストリウススカプラによって指揮官として引き継がれた47年までに、この事実からフォッシーの道として知られる道路に基づいて、エクセターからハンバーまでのフロンティアが確立されました。クラウディウスはその併合を計画していなかったようです。島全体ですが、耕作可能な南東部のみです。しかし、カラタクスによって刺激されたウェールズの部族の非情は、肩甲骨がフォッシーの道を越えてセバーン川までの低地を占領し、シルレスとオルドビッチとの闘いのために彼の軍隊をこの地域に前進させた。ローマ軍は、ベテランの入植地の設立によってこの目的のために解放されたレギオンXXの追加によって強化されました( コロニア)49年にカムロドゥムナムで。 コロニア 戦略的備蓄を形成するだけでなく、ブリトン人をローマの都市組織と生活の例として設定します。天皇崇拝のための地方センターも設立されました。肩甲骨の右側面は、ブリガンティズの女王であるカルティマンドゥアとの間で確立された条約関係によって確保されました。彼女はイギリスで最大の王国であり、ダービーシャーとタインの間の全域を占めていましたが、残念ながら安定性に欠けていました。また、イギリスのレジスタンスリーダーであるカラタクスをローマ人に降伏させたときに人気を失った女王の後ろで団結していませんでした。それにもかかわらず、時折ローマ軍の支援を受けて、カルティマンドゥアは夫のヴェヌティウスが率いる反対派に対して69年まで権力を維持し、これによりローマ総督はウェールズに集中することができました。

60世紀までに、59歳から61歳までの知事であるスエトニウスパウリヌスが、深刻な後退が起こったとき、最後の独立の拠点であるアングルシー島に侵入していました。これは、イケニ族の女王ブーディカの反乱でした。その王プラスタグスの下で、イケニ族は同盟と独立の立場を享受していたが、彼の死(60)で領土は強制的に併合され、怒りが起こった。ブーディカは他の部族を彼女の支援責任者に結集させることができました。彼らはエセックスのトリノヴァンテス族であり、彼らの傲慢な土地の押収についてカムロドゥヌムの入植者に対して多くの不満を持っていました。ローマ軍は遠くに散らばっていて、平和が回復する前に、反乱軍はカムロドゥムナム、ヴェルーラミウム(セントオールバンズ)、そしてイギリスのローマ字化された生活の3つの主要な中心地であるロンドンを解任しました。パウリヌスは勝利後、厳しく行動しましたが、州の検察官であるジュリアスクラシシアヌスは、収入を念頭に置いており、おそらく生まれつきのガリアとして、ローマとの州のパートナーシップのより真のビジョンを持っていたため、彼の想起をもたらしました。

占領の最初の20年間で、ローマ文明の普及にいくらかの進歩が見られました。町が設立され、帝国崇拝が確立され、商人たちはイギリス人に物質的な利益を忙しく紹介していました。しかし、この分野で真の進歩が見られたのは、フラウィウス朝の69〜96世紀になってからでした。ジュリアス・フロンティヌス(74歳から78歳までの知事)によるウェールズの占領と、グナエウス・ジュリアス・アグリコラ(78–84)によるスコットランド北部への進出により、軍隊はイギリス南部から排除され、自治市民は、先住民族の一部であり、地方行政を引き継いだ。これには、都市化と教育の大規模なプログラムが含まれ、2世紀まで続いたタキトゥスは、アグリコラの伝記で、それに与えられた励ましを強調しています。ローマによるウェールズの征服は78年までに完了しましたが、アグリコラのスコットランドへの侵攻は、人手不足のために島全体の占領を完了することができなかったため失敗しました。さらに、大陸の必要性のためにイギリス軍の駐屯軍が軍団によって縮小されたとき(西暦90年頃)、北にフロンティアを維持しなければならないことが明らかになりました。いくつかの実験の後、ソルウェイ-タイン地峡が選ばれ、そこで皇帝ハドリアヌスが彼の石垣を建てました(c.122-130)。


ローマ人がイギリスを征服したかった理由

クラウディウスはブリタニアを征服します

英国の征服は、複数の勝利、建設工事、および祭りの原因でしたが、ガリアの海岸の島がこれほど高く評価された原因を理解することが不可欠です。ローマ人がイギリスをそれほどひどく征服したかったのはなぜですか?

クローディアスと彼の前の多くの皇帝にとって、英国は彼らの個人的な究極のトロフィーでした グロリア。それを持つために グロリア ローマ皇帝が不可能で征服された英国を成し遂げたことを遠い国の他の支配者に知らせるために、帝国全体を通して発表されました。なぜなら、その支配者たちにそのような期待を生み出したのは、このローマの軍国主義的イデオロギーだったからです。古い王や皇帝の間に居場所を作るためには、あなたは大規模な戦いで勝利したか、大きな土地を征服したに違いありません。

その上 グロリア しかしローマにとって、英国はローマ人の間でその歴史が知られていることで、征服者になることにも大きな評判をもたらしました。彼の解説を読んだことから、多くのローマ人はジュリアスシーザーの英国での困難に気づいていました。彼が征服できなかった唯一の土地であるため、イギリスに勝利することは、シーザー自身ができなかったことをすることでした。英国に「最初」になることも、それ自体の名声でした。シーザーの解説とアグリコラのタキトゥスに見られるように、ローマの支配者の間には、それぞれが伝統からの独自の逸脱を持っているという奇妙な伝統がありました。英国を征服した最初の天皇になることは、これの達成でした。

さらに、ローマ人は常に未知のものを探求することに興味を持っていました。シーザーの著作と難民との交流しかなかったイギリスは、クラウディウスが征服する前はほとんど知られていない、文書化されていない土地でした。ローマの支配者たちは評判と栄光を望んでいたかもしれませんが、学者や学者は英国とその人々についてもっと知ることに興味を持っていました。ブリトン人はどんな感じでしたか?彼らはどのように暮らしましたか?英国はどのように見えましたか?

当然のことながら、潜在的な富への関心は、英国を征服したいという願望のもう1つの重要な要因でした。皇帝にとって、ローマはローマ人が喜んだようにとらえられるために、莫大な未知の富と富を持っていたと考えられていました。これは事実なしに考えられていたので、多くのローマ人にとって、英国は一種の「エルドラド」でした。シーザーが征服を試みている間、その希望は一時的に消え、アウグストゥスとティベリウスの両方が富の唯一の欲求のために侵略を再考しただけでした。

最後に、私たちは、帝国と海の間のローマの関係の一部として英国を征服したいというローマの願望を理解しています。ローマ人にとっての海は、世界の物理的な境界でした。帝国はここまでしか伸ばすことができませんでした。それは彼の世界征服においてアレクサンダーを制限し、ローマ帝国も制限するでしょう。しかし、英国はこの概念に対するローマの勝利を証明しました。英国は海とその向こうにいたので、英国の征服は海そのものの征服となるでしょう。それは帝国が水によって制限されていないことを証明し、ローマがその残りの日の間外側に拡大し続けるという希望を刺激しました。

ケルト英国の先住民族

ローマ人が紀元前1世紀と紀元前に見たブリタニアには、島のこのような小さなスペースでは想像するのが非常に難しい多様な部族が住んでいました。とにかく、イギリスには偉大で独立した王国と部族の連立が存在し、その数を正確に特定することはしばしば困難です。しかし、イギリス南部と中央部のローマによる征服の文脈では、考慮すべき5つの重要な部族があり、それぞれが重要な目的を果たしています。これらの部族には、イケニ族、ブリガンティズ族、カトゥヴェッラウニ族、ドゥロトリゲス族、ベルギー人が含まれます。

イケニ族は、おそらく古代イギリスのすべてのケルト族の中で最もよく知られています。彼らの部族の中心は、英国東部の現代のロンドンのすぐ北にある地域にあります。紀元前54年にシーザーが侵攻する前は、イケニ族はイギリスのすべての部族の中で最も裕福な部族の1つと見なされていました。これは、沿岸貿易に関与していたためと思われます。 Iceniはまた、英国で唯一の野蛮な硬貨システムの1つを設立し、貴重な考古学的情報を提供しました。西暦43年にクラウディウスがイギリスに侵攻したとき、イケニ族は従属国としてプラスタグス王の下でローマ人との友情を求めました。しかし、プラスタグスが死んだとき、ローマ人はイケニ族を州として受け入れ、最終的には偉大な戦士のブーディカ女王の反乱につながりました。

ブリガンティズはイギリス中部の丘に住む人々として知られており、ウェスパシアヌス皇帝の時代にローマ人との深刻な交流を始めました。ブリガンティズは、おおよそイングランドとスコットランドの中間にある現代のヨークを中心としていました。したがって、この地域へのローマ軍団の移動は、北イギリスへの攻撃の始まりでした。ブリガンティズはローマ人と友好的になろうとしましたが、地方の所有物の緊張が2人を戦争に駆り立てました。ウェスパシアヌスとローマ人は西暦79年にブリガンテ王国を占領しました。

カトゥヴェッラウニ族の貴族と推定されるケルト人の頭脳

カトゥヴェッラウニ

カトゥヴェッラウニ島はイギリス海峡沿いの中央イギリスと沿岸地域の大部分を支配していました。シーザーは紀元前54年の彼の侵略の間に大きな抵抗でこれらの人々に遭遇しました。しかし、カトゥヴェッラウニ族との彼の戦闘は、ある種の間に合わせの同盟をもたらし、西暦43年のクラウディウスの侵略をシーザーの侵略よりもはるかに容易にしました。実際、西暦30年以降、ライバルの部族に襲われたカトゥヴェッラウニ族は、クローディアスがイギリス侵攻の言い訳として使用しました。ローマ人が英国で確固たる支配を確立したとき、カトゥヴェッラウニ族はローマの支配と慣習を最初に採用し、実践しました。

ドゥロトリゲスは、ウェールズのすぐ南、イギリス南西部周辺にありました。部族は、ベルギー王国の占領直後のアウルス・プラウティウスの知事まで、英国の歴史においてかなり重要ではありません。ドゥロトリゲスの活動の一般的に受け入れられている国境は、西暦40年代から50年代初頭にかけて、イギリスのローマ領土のプラウティウスのフロンティアとして機能しました。ウェスパシアヌス皇帝は、西暦70年にドゥロトリゲスの悪名高い丘の砦を鎮圧して占領することで、彼の軍事的偉業の最大の1つを達成し、イギリス南部でローマの支配を完了しました。

ベルギーの部族は、クラウディウスの侵略に対して最も差し迫った脅威をもたらしたため、ローマによるイギリスの征服にとって最も重要であると見なされるべきです。彼らの領土は、イケニ族、カトゥヴェッラウニ族、およびローマ人と同盟を結んだアトレバス族として知られる別の部族の領土と幾分混ざり合っているように見えるため、ベルギー王国の完全な範囲は不明です。彼らの周りのローマの同盟国にもかかわらず、ベルギー人はローマ人とまったく同盟を結んでおらず、すぐにテムズ川とメドウェイで彼らに反対し、そこで敗北し、ローマの占領に道を譲りました。偉大なウェールズの反逆者カラカトゥスは、ウェールズに逃げる前は、もともとベルギー王国の偉大な指導者でした。


ブリタンニアは民族的にどの程度多様でしたか?

今月初め、ローマの英国の高位の黒人兵士を描いたBBCの漫画が、ソーシャルメディアで論争を引き起こしました。ケンブリッジ大学の古典学教授であるメアリービアードは、この画像がローマの多様性を&ldquoaccurate&rdquo表現していると宣言しましたが、漫画家は&ldquorewriting history&rdquoを批判しました。それで、黒人兵士の描写における漫画はどれくらい正確ですか? History Extraは、ローマの移民とヘリの研究プロジェクトを率いてきたHellaEckardt博士に話を聞きました。

このコンテストは終了しました

公開日:2017年8月24日午後3時3分

Q.ブリタンニアの民族の多様性について、私たちは何を知っていますか?

A:ブリタンニアには、世界の他の地域からの人々がいたことは間違いありません。これらの人々の肌の色は必ずしもわかりませんが、たとえば、ハドリアヌスの城壁で北アフリカ人が証明した動きがあったことはわかっています。ただし、証拠には不確実性がたくさんあるため、正確な数値を定量化することは非常に困難です。

Q.ブリタンニアが民族的に多様であったことを示唆する証拠は何ですか?

A:人々がどこから来たのかを示す碑文があります。 These might say, for example, that someone comes from North Africa or from Italy. There are a number of famous ones, like Victor ‘the Moor’, and Barates who came from Palmyra in the Syrian desert.

Other evidence is based on isotope analysis, which can involve looking at the chemical signatures preserved in teeth. The water and food that a person consumes shapes their isotopic signature, which gives us a rough indication of where they originally came from. At the moment, we can only say broadly that they were from somewhere cooler or warmer, and we can suggest whether someone is likely to have been a local or not. Most of the people we’ve looked at were from cooler areas, such as Germany or Poland, which makes sense because we know that mercenaries came from those areas to serve in the Roman army.

Another technique you can use is to look at the skull of an individual. By measuring its shape, you can say whether someone has African or Caucasian ancestry. For example, the ‘Ivory Bangle Lady’ appears to have some African ancestry but was living in Roman York.

You can also look at DNA: the DNA profile of another individual from York suggests that he was from the Middle East, and his isotopic signature is also very unusual.

Q. How did Romans think about ethnicity and race?

A: The Romans didn’t think of race in the way that it might be linked with social signifiers today. They weren’t particularly interested in skin colour, and it wasn’t something that they would write about a huge amount. They were more concerned about whether a person spoke Latin well, or whether they had the right sort of social position or rank.

Today, when we think about ethnicity, we are very much preoccupied with things like skin colour but in the past, that wouldn’t necessarily have been the case and factors such as language, education, wealth, kinship and place of origin were probably more important.

Q. What kind of life did migrants in Roman Britain lead?

A: Often the skeletons we looked at were from very wealthy graves. For example, the ‘Ivory Bangle Lady’ was found in a stone sarcophagus alongside glass vessels and expensive jewellery. Our research is obviously biased because we focused on sampling unusual skeletons however, it is likely that many migrants in this period were wealthy. They were also more likely to be the people in charge after all, you’re more likely to be moving across the entire Roman empire if you’re involved in the Roman military or the Roman administration. There was even tourism – but all of that tended to be preserved for the elite of society. On the other hand, some people probably moved against their will, for example slaves and soldiers.


Facts about Roman Britain 9: Dolaucothi gold mine

The Roman army was considered as the first one who worked on the Dolaucothi gold mine. Then civilian operators were in charge with the operation.

Facts about Roman Britain 10: Pliny the Elder

Pliny the Elder was one of the important figures in the classic era. In his Natural History, he presented explanation about the mines with hydraulic mining system in detail.

コメントはありますか facts about Roman Britain?

Share the post "Top 10 Facts about Roman Britain"


Roman Britain: A New History

As a general overview of the latest in British Roman archaeology, this book is superb. Guy de la Bédoyère lays out such a rich spread of information that on this point the book should have 5 stars. Where it falls down is the author&aposs almost total refusal to speculate. On the other hand, he does point out that multiple interpretations of a particular site may be possible - the frustration is that he rarely ever throws his hand in with any one theory.

A case in point: Fishbourne Palace, the most m As a general overview of the latest in British Roman archaeology, this book is superb. Guy de la Bédoyère lays out such a rich spread of information that on this point the book should have 5 stars. Where it falls down is the author's almost total refusal to speculate. On the other hand, he does point out that multiple interpretations of a particular site may be possible - the frustration is that he rarely ever throws his hand in with any one theory.

A case in point: Fishbourne Palace, the most magnificent, biggest, and earliest significant Roman structure found in Britain is mentioned repeatedly through the book, along with the mystery of who its owner might be. Meanwhile, he also happens to mention - repeatedly - that we've no idea where the Roman governor of Britain lived, other than it should be the most magnificent, biggest, and earliest significant Roman structure found in Britain. It's only toward the end of the book that he even dares suggesta connection, and even then it's with the greatest hesitation.

Juxtaposing his caution in interpreting the archaeology is his general acceptance that any Roman document must be true - a general bias within the discipline of Classical Studies that is really underlined here.

Overall, a wonderful book of information, but frustrating in that the author repeatedly hesitates to connect that information into anything more than the most generic narrative. 。もっと

This one is a text book that I purchased to read more on Roman Britain (not for academic purposes, just to read in my spare time).

If you want to know more about Roman Britain (even down to how they built their roads and the materials they used) then I would recommend this one.

Roman Britain: A New History takes us from late Iron Age in Britain covering the events that led up to the Roman Invasion and then taking us through the events that happened within the Roman Provinces of Britain. Guy de la Bédoyère focuses on the general chronology of events and then focuses in on more specific area of the British provinces, which would become Inferior, Superior, Prima , Secunda, as well with topics for example like Military, Town, Industry etc highlighting the Roman way of doin Roman Britain: A New History takes us from late Iron Age in Britain covering the events that led up to the Roman Invasion and then taking us through the events that happened within the Roman Provinces of Britain. Guy de la Bédoyère focuses on the general chronology of events and then focuses in on more specific area of the British provinces, which would become Inferior, Superior, Prima , Secunda, as well with topics for example like Military, Town, Industry etc highlighting the Roman way of doing this as well as pointing out how the local got on board with this. This provides a clear view of process of Romanisation and Guy de la Bédoyère show clearly how thing s changed and evolved over the period. At the same time Guy de la Bédoyère makes it perfectly clear that this after such big events as the Boudican was not a civilization holding down another by force once an area was absorbed into the Empire (something that is a misconception amongst some) as they would simply would not have been able to do accomplish this with the numbers available. At the same though Guy de la Bédoyère does show us how the Romans encouraged people to get on board with the system, through trade, goods, security etc and this clearly explained and laid out.

Guy de la Bédoyère in Roman Britain: A New History clearly keeps the British provinces within the wider picture of the larger Empire showing how events within Britain effected the rest of the Empire, the breakaway states of Carausius, the raising to the purple of Constantine I, Constantine III etc all had profound effects Britain as well as the Empire. Of course the reverse being true as the Campaigns by Septimus Severus etc make abundantly clear. Roman Britain a new history does not shy away topics within the British provinces so it provides a warts and all look at the British provinces so we get to see the the Romans options of the British as well as though catching the humour of the time that has been recorded deliberately and accidentally as in the case of the Vindolanda tablets etc Roman Britain: A New History really gives you a feel for the period as well as laying down a detailed layout that if you don't already know can point you in other direction of information.

Roman Britain: A New History also delves into what happened after the 'AD 411' date where Honorius the then reigning Emperor gives the order to the Provinces of Britannia to 'look to their own defences' this is often taken as the end date for the Roman Provinces and Guy de la Bédoyère makes the point that of course this not the reality everyone in the provinces are still Roman but what you do see is the rapid failure of the more advanced infrastructure, stone working, mass produced pottery etc all start feeling a drop in demand and indeed the infrastructure to support these industries are no longer there in the original forms and the book does a great job of examining this. Guy de la Bédoyère touches on the actions of Ambrious Aurelianus and the after effects as the Saxon's expanded out of the east of Britain. The book is filled with little asides and easter egg as well for example the Welsh recalling that Macsen Wledig aka Magnus Maximus who declared Roman Emperor in AD 383 is recorded as the Welsh first king, that Cornwall Tintagel and the surrounding area still maintained a trade in high statues goods and may be still in direct contact with the Empire at this time but does not say part still which may be the case, the existing grid patterns found at Calleva Atrebatum aka Silchester that are found before the invasion of AD 43 etc

Roman Britain: A New History gives a great overview of the British Roman Provinces as well as placing them in the greater context of the rest of the Empire. At the same time is also delves into the events and activities that took place in the province and impacted it from without. Before going in though it would be handy for you have a broader knowledge of events as the book will presume that you have a basic understanding of Iron Age and Roman culture but this makes for a great book for both those looking for new knowledge and those with an existing knowledge looking a different viewpoint on this as well as different sources of information. Roman Britain delivers and Guy de la Bédoyère gets the topic over in a clear concise way that covers the basics as well as delving into more depth in the chapters! Clear and Concise! Grab it when you can! 。もっと

There are numerous books on the subject of Roman Britain, but this one wins out by taking into account the latest archaeological evidence and presenting it as even handedly as possible. De la Bedoyere comes at the subject with no spurious theories to peddle and so the book is refreshingly honest in its approach. He deals with the basic history of the province in the first three chapters, the conquest, the consolidation and the decline. What comes across is the author&aposs evident love of the subjec There are numerous books on the subject of Roman Britain, but this one wins out by taking into account the latest archaeological evidence and presenting it as even handedly as possible. De la Bedoyere comes at the subject with no spurious theories to peddle and so the book is refreshingly honest in its approach. He deals with the basic history of the province in the first three chapters, the conquest, the consolidation and the decline. What comes across is the author's evident love of the subject and his wish to engage the reader without dumbing the subject down.

The remaining chapters deal with different aspects of the Roman occupation - the military, the economy, the effect on the indiginous population etc etc. The book is full of great photographs, artist's impressions and diagrams that bring the world of Roman Britain to life. What he repeats is how little we really know and how much of what is accepted as fact is merely conjecture. For instance, we don't know the name of one single owner of a Roman Villa in Britain. We're not even sure some sites called 'villas' were actually villas. The whole history of the province has to be pieced together from coinage, inscriptions, the invaluable resource of the Vindolanda letters and mentions in other sources found in other parts of the Empire.

What is striking is the decline after the departure of the last Roman Legions. Within a couple of generations the whole infrastructure had fallen apart, major towns were in ruins and villas demolished and abandoned. There is no clear evidence as to why this happened so quickly. Safe to say that theses Islands would not be affected so fundamentally on every level of society until the Industrial Revolution. The Roman occupation was that radical.

Thoroughly readable, this book is recommended to anyone interested in the history of these Isles. 。もっと

This book theorizes, in passing, that since we have no Celtic records of Boudicca&aposs existence, perhaps the spin-doctoring Romans invented her (the greater the enemy, the greater the victory).

This really annoyed my inner feminist. We have no Celtic records of *anybody* since the Celts didn&apost have a written language. If the book had questioned Caradoc&aposs existence along the same lines, I would have entertained the idea. And then politely sent it home (as I don&apost believe it).

But I won&apost have the id This book theorizes, in passing, that since we have no Celtic records of Boudicca's existence, perhaps the spin-doctoring Romans invented her (the greater the enemy, the greater the victory).

This really annoyed my inner feminist. We have no Celtic records of *anybody* since the Celts didn't have a written language. If the book had questioned Caradoc's existence along the same lines, I would have entertained the idea. And then politely sent it home (as I don't believe it).

But I won't have the idea of Boudicca's being pretend even in my house, let alone entertain it, because as far as I could tell, the only thing that makes her likely to be fictional is that she's female. (grrrr)

Just because the Romans didn't know how she died doesn't mean she wasn't the leader of the rebellion.

Otherwise, I liked this book. And I think Guy de la Bedoyere is great and highly recommend his works.

編集:
So I read this in 2009. Apparently The Author Himself came along in 2011 and attacked me, saying I should have read his book (I did) and that what he really said was, "it was possible [Boudicca was] a minor player whose role was exaggerated by the [Roman] historians" in order to impugn Nero's manhood (beaten by a woman, that type of thing). He goes on to say of his theory, "it is possible, and that is beyond dispute."

This really makes me want to declare Boudicca was an alien.

I apologize for misunderstanding his theory of Roman historians fictionalizing her role as making her entirely fictitious.

The theory still smells a bit to me.

And I take back the "I think Guy de la Bedoyere is great" part of my review. He's actually rather rude, apparently.


ブリタンニア

Roman Britain - from 'A History of the British Nation' (1912).

People and Events

ケルト

Life in Roman Britain

Roman Cities

Roman attractions in Britain (places to see tagged with 'Roman')

Attraction search

歴史

History of England

History of Wales

History of Scotland

London History

Features

Explore

Stately Homes

Monasteries

Prehistoric Sites

Free entry to English Heritage properties throughout England, plus discounted admission to Historic Scotland and Cadw properties in Scotland and Wales.

15% off memberships - use the code EH2021

Name the Historic attraction

British History Quiz

This battle outside York saw the triumph of Harold Hardrada of Norway over Edwin and Morcar, Earls of Mercia and Northumbria respectively

Hardrada's victory forced King Harold of England to march hurriedly north to give battle at Stamford Bridge

Harald was aided by King Harold's rebellious brother, Tostig

This Day in British History

19 June, 1312

Execution of Piers Gaveston

Edward II's favourite aroused such enmity among Edward's chief barons that he was seized and executed by the Earl of Lancaster, after a summary mock trial


During the 3rd and 4th centuries AD the province of Britannia was under threat of invasion by Hibernians (Irish), Caledonians and Picts (Scots), and pirates and raiders from northern Europe. The Romans' answer was to build a series of forts around the south and east coasts of Britannia, known as the Forts of the Saxon Shore. For a while they kept the attackers from across the North Sea at bay. Attacks on the whole Roman Empire increased, until finally in 410 AD the Roman army was withdrawn from Britannia and the Britons were left to fend for themselves.

Remember that although the Roman army was recalled in 410 AD, the Romans themselves did not all leave. Examples of those who stayed were retired legionaries and government employees who had settled in Britain, had married Celtic women, or had nothing to go back to in their countries of origin.


ブリタンニア

The first invasion was led by Julius Caesar, in the days of the Roman Republic. He defeated the dominant Catuvellauni tribe in 54 BC near Wheathampstead in Hertfordshire.

Their capital was taken over by the Romans. [3] Trouble in Gaul (mainly modern France & Belgium) prevented Caesar from staying in Britain. The full conquest of Britain was delayed for almost a century. [4]

In 43 AD, the Emperor Claudius sent an invasion force, [5] led by Aulus Plautius, a distinguished senator. He was given four legions, totalling about 20,000 men, plus about the same number of helpers The legions were:

NS II Augusta was commanded by the future emperor Vespasian. The other three legions were also led by high-ranking men.

The invasion was one of the most significant events in British history. After the revolt of Boudica there was usually peace and a process of full "romanization" started successfully in southeast Britain.

The Romans considered Britannia as a single territory and administratively they divided the huge island in five provinces: Britannia prima (capital London), Britannia secunda, Flavia Caesariensis, Maxima CaesariensisValentia。 It seems that they have created also a sixth province -during Agricola conquest- in Caledonia, called Vespasiana. [6]

Roman legions left in 410 AD after almost four centuries, and the administration of the country was taken over by prominent local chieftains. This was known as Sub-Roman Britain, with a Romano-British culture and the people may have used a Latin-based language. It lasted for more than two centuries but gave way to an increasingly Anglo-Saxon England by the start of the seventh century.

Roman technology made its impact in road building and the construction of villas, forts and cities. During their occupation of Britain the Romans built an extensive network of roads. They were used in later centuries, and many are still followed today. The Romans also built water supply, sanitation and sewage systems. Many of Britain's major cities, such as London (Londinium), Manchester (Mamucium) and York (Eboracum), were founded by the Romans.

There was no writing in Britain before the Romans. They introduced it and, when they left, writing only survived with the help of religion. [7]

The British were skilled in the arts, and produced ornamental jewellery and pottery which was exported to Europe. They built defensive structures such as hill forts. They were proficient in warfare with spears, bows and arrows. Small round stones found in such sites indicate the use of slings or catapults.

To keep Roman control, forts and garrisons were built throughout Britain, and the existing roads improved. The local people had to maintain the Roman roads in Britain, and got tax relief for their efforts.

Roman roads allowed for troop movements and the distribution of supplies. The forts and garrisons needed food and other services. Vast areas produced these goods. For example, the often flooded Somerset levels was like a huge market garden that provided supplies for the garrisons at Exeter, Gloucester, Bath and the forts in between. Local fishermen supplied fresh fish, and farmers reared sheep, pigs, cattle and poultry for the garrisons.

Missionaries from Gaul began to introduce Christianity to the West country. Before the end of the first century AD they had a Church of Celtic Christianity. This spread such that by the mid second century much of Cornwall, Devon, Western Dorset, and South Somerset had adopted Christianity. The spread of Christianity continued eastward and strongly northward into Wales through the next two centuries, especially after the adoption of Christianity by Rome. The Romans had built shrines and temples to their pagan gods and continued to patronize these, even after the adoption of Christianity by Rome.


Total Collapse

The beginning of the end came with the death of Emperor Theodosius in 395 AD his empire was divided among his two sons Honorius took the East, and Arcadius had the West. While the Eastern Empire was thriving, the West was on the brink of collapse. By the beginning of the fifth century, Italy was under attack and Stilicho, the most powerful military presence in Rome withdrew the vast majority of legions in Britain. At the same time, Germanic raiders were attacking the Southern and Eastern coasts of England.

In 405 or 406 AD, the Vandals, Alans, and Suebi crossed the Rhine and caused chaos in Britain. Constantine III took charge of the troops in Britain in 407 AD and tried to establish himself as Roman Emperor in the West. The natives apparently expelled the Roman administration in 409 AD, and when they asked Emperor Honorius to help with the invaders in 410 AD, he told them to fend for themselves. This response marked the end of Roman influence in Britain.

By 425-430 AD, Britain was in no way, shape or form ‘Roman&rsquo as villas had been abandoned, mosaic and fresco workshops had closed, and barter replaced money. London was in ruins by 430 AD, and Roman culture and organization had disappeared by 600 AD. Attempts to salvage the Empire in the West were in vain as the last emperor was deposed in 476 AD. Although many Roman cities in Britain fell into decay, others were expanded later on, and places such as Canterbury remain occupied to this day.