物語

アルジェリアの観光-歴史



アルジェリア

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

アルジェリア、北アフリカの大規模な、主にイスラム教徒の国。ほとんどの人が住む地中海沿岸から、アルジェリアはサハラの中心部まで南下します。サハラは、地球で最も高温の表面温度が記録されており、国の面積の5分の4以上を占める禁断の砂漠です。サハラとその極端な気候が国を支配しています。現代のアルジェリアの小説家アシア・ジェバールは、彼女の国を「砂の夢」と呼んで、周辺地域を強調しています。

歴史、言語、習慣、イスラムの遺産により、アルジェリアはマグレブとより大きなアラブ世界の不可欠な部分となっていますが、この国にはかなりの数のアマジグ(ベルベル)人口があり、その文化的伝統に関連しています。かつてはローマ帝国の穀倉地帯でしたが、現在アルジェリアを構成している領土は、オスマン帝国の一部となった8世紀から16世紀にかけてさまざまなアラブアマジグ王朝によって統治されていました。オスマン帝国の衰退に続いて、1830年にフランスが征服戦争を開始したときに終了した短い独立期間が続きました。

1847年までに、フランス人は侵略に対するアルジェリアの抵抗を大幅に抑制し、翌年にはアルジェリアを フランスの。フランスの入植者はアルジェリアの農業と商業経済を近代化しましたが、アルジェリアの大多数から離れて暮らし、少数の非ヨーロッパ人にまで及ぶ社会的および経済的特権を享受していました。フランスに住み、学んだアルジェリア人によって導入された革命的な政治に刺激された民族的憤慨は、20世紀半ばに広範なナショナリスト運動をもたらしました。独立戦争が起こり(1954年から62年)、革命的なフランツ・ファノンが指摘したほど激しいものでした。

テロ、反テロ、暴力、反暴力:それは、アルジェリアで非常に粘り強く明白な憎しみの輪を説明するときに、オブザーバーが激しく記録するものです。

交渉は紛争を終わらせ、アルジェリアの独立につながり、ほとんどのヨーロッパ人は国を去りました。アルジェリアのフランス語と文化の影響は依然として強いものの、独立以来、アルジェリアは一貫してアラブとイスラムの遺産を取り戻そうと努めてきました。同時に、アルジェリア内部の石油や天然ガス、その他の鉱床の開発は、国に新たな富をもたらし、生活水準の適度な上昇を促しました。 21世紀初頭、アルジェリアの経済はアフリカで最大の経済の1つでした。

首都はアルジェです。アルジェは賑やかな海辺の大都市で、その歴史的中心部、つまりメディナは高層ビルやアパートに囲まれています。アルジェリアの2番目の都市は、モロッコとの国境に近い地中海の港であるオランです。アルジェほど忙しくないオランは、音楽、芸術、教育の重要な中心地として台頭してきました。

アルジェリアは東をチュニジアとリビアに、南をニジェール、マリ、モーリタニアに、西をモロッコと西サハラ(前者が事実上組み込まれている)に、北を地中海に囲まれています。広大な国であり、アフリカで最大、世界で10番目に大きい国であり、2つの異なる地理的地域に分割される可能性があります。一般にテルとして知られている最北端は、地中海の穏やかな影響を受けており、主にアトラス山脈で構成されており、海岸平野と南部の2番目の地域を隔てています。この南部地域は、ほぼ完全に砂漠であり、国の領土の大部分を形成し、北アフリカに広がるサハラの西部に位置しています。


1.アルジェ

出典:flickr Algiers、アルジェリア

アルジェはアルジェリアの首都であり、推定人口は約350万人です。オスマン帝国によって設立されたこの街は、歴史と美しい建築物で溢れています。古代のカスバは曲がりくねった都会の迷路で、小川のように旧市街を通りが流れています。また、かつては街で最も古風な邸宅だったダルハッサンパチャも探索する価値があります。家の内部は2005年から改装中で、残念ながら一般公開されていません。アルジェの街は、西からの訪問者に、アルジェリアの過去、現在、未来へのはっきりとした美しいコントラストと興味をそそる一瞥を提供します。


アーバニズム、建築、そして空間の利用

アルジェリアの人口は、都市部と農村部に均等に分かれています。旧市街の中心は カスバ (要塞のアラビア語)、曲がりくねった路地と複雑なアーチの市場で、カーペットからバスケット、陶器まで、さまざまな伝統工芸品が販売されています。この比較的変わっていない古い生活様式の残骸を除けば、アルジェリアの都市は西洋の影響とアラビアの伝統が混ざり合っています。

最大の都市は、地中海沿岸の北部にある首都アルジェです。それはフェニキア時代にほぼ3000年前にさかのぼる国で最も古い都市です。それはトルコ人とフランス人の両方の下で植民地の首都として機能しました。イスラムの旧市街であるカスバでは、建物の多くが老朽化していますが、狭い通りは子供たちが遊んだり、商人が売ったり、歩いたり買い物をしたりして賑わっています。 casbahは新しいヨーロッパスタイルの建物に囲まれています。この街には、近代的な高層ビルと伝統的なトルコとイスラムの建築が混在しています。アルジェの港は国内最大であり、産業の中心地です。

アルジェの西にあるオランは、2番目に大きな都市です。それは903年にアラブ人によって建てられましたが、2世紀の間スペイン人によって支配され、後にフランス人によって支配されました。したがって、アルジェリアの他のどの都市よりもヨーロッパの影響を受けており、多数の大聖堂とフランスの植民地時代の建築物があります。

他の都市中心部には、コンスタンティンとアンナバが含まれます。アルジェリアのすべての都市は、人口過多とそれに伴う住宅不足と失業の問題によって大きな打撃を受けています。

アルジェリアの砂漠のほとんどは無人ですが、いくつかの村があり、その多くは石の壁に囲まれています。プライバシーと断熱の同じ価値を反映して、伝統的な家も壁に囲まれています。部屋はパティオまたは囲まれた中庭の周りに円を形成します。現代の高層ビルからタール紙の小屋まで、ほとんどの建築はこれと同じモデルを使用しています。伝統的な建築材料は白塗りの石またはレンガであり、古い家では、天井と壁の上部がタイルモザイクで装飾されています。

砂漠の遊牧民と高原は、山羊の毛、羊毛、草で織られたテントに住んでいます。カビリア山脈では、村人が粘土と草または積み上げられた石の1部屋の家を建て、部屋を動物用と家族用の2つの部分に分割します。


アルジェリアのすべてのデータの詳細

観光客の数領収書GNPの%観光客一人当たりの収入
20192.37メートル140.00 m $0.082 %59 $
20182.66メートル196.50 m $0.11 %74 $
20172.45メートル171.00 m $0.10 %70 $
20162.04メートル246.00 m $0.15 %121 $
20151.71メートル347.00 m $0.21 %203 $
20142.30メートル316.00 m $0.15 %137 $
20132.73メートル326.00 m $0.16 %119 $
20122.63メートル295.00 m $0.14 %112 $
20112.40メートル300.00 m $0.15 %125 $
20102.07メートル324.00 m $0.20 %157 $
20091.91メートル361.00 m $0.26 %189 $
20081.77メートル473.00 m $0.28 %267 $
20071.74メートル334.00 m $0.25 %192 $
20061.64メートル393.00 m $0.34 %240 $
20051.44メートル477.00 m $0.46 %331 $
20041.23メートル178.00 m $0.21 %144 $
20031.17メートル112.00 m $0.17 %96 $
2002988,000111.00 m $0.20 %112 $
2001901,000100.00 m $0.18 %111 $
2000866,000102.00 m $0.19 %118 $
1999749,00080.00 m $0.16 %107 $
1998678,00074.00 m $0.15 %109 $
1997635,00028.00 m $0.058 %44 $
1996605,00045.00 m $0.096 %74 $
1995520,00032.00 m $0.077 %62 $

すべてのデータは、世界観光機関の情報に対応しています。

スウェーデンの観光北ヨーロッパの他の国との比較を含む、スウェーデンの1995年から2019年までの海外旅行者および観光セクターの収益

アルジェリアについて、簡単な事実と概要

アルジェリア 北で最も人気のある観光国の1つです アフリカ、そしてアフリカで2番目に大きい国です。モロッコ、マリ、リビア、チュニジア、ニジェール、地中海、西サハラと国境を接するアルジェリアには、多様な景観と約3,500万人の人口があります。アルジェはアルジェリアの首都であり、その経済はさまざまなセクターに依存していますが、農業は依然として国と輸出のための製品の提供において重要な役割を果たしています。綿花、タバコ、オリーブオイル、シリアル、イチジク、コルク、大麦、小麦、野菜、柑橘系の果物などの製品が国内で栽培されています。近年、観光産業は成長と発展を始めており、アルジェリアへの海外からの訪問者にその美しさと多様性を探求する機会をもたらしています。

アルジェリアと交通機関に到着

アルジェリアへの旅行は飛行機で行うことができます。 空港 そして、国中に散らばっている小さな滑走路の数。主要都市には国際空港があり、アルジェリア滞在中は観光客が都市間を飛ぶことができますが、国内線が人気で土壇場の座席を見つけるのが難しいため、予約が不可欠です。タクシーとバスが利用可能で、 旅行鉄道 別のオプションです。約4000キロメートルの鉄道があり、アルジェリア内のほとんどの目的地に到達でき、スーカラス-グルディマウ線はアルジェリアとモロッコおよびチュニジアを結んでいます。フェリーとボートでの旅行は観光客にとって興味深いオプションであり、大きな港はジジェル、オラン、アンナバ、スキクダムアルズー、アルジェ、モスタガヌム、ベジャイアにあります。道路の7万1000キロメートル以上が舗装されている状態で道路での移動が可能ですが、道路の大部分は未舗装のままです。トランスサハラハイウェイやトランスアフリカンハイウェイの一部である2つのルートなどの主要なハイウェイが利用可能であり、国は現在新しいハイウェイの建設に取り組んでいます。

アウトドアアドベンチャー

彼らがリラックスすることを好むか、国を探索することを好むかどうかにかかわらず、訪問者が楽しむための多くの野外活動があります。多くのホテルや目的地では、テニス、水泳、 ゴルフ、熱心なスポーツ狂信者が利用できるさまざまなゴルフコースがあります。 トレッキング アルジェリアを経由することは非常に人気のある活動であり、アルジェリアの多くのツアーオペレーターは訪問者に壮大なアウトドアアドベンチャーを提供しています。オガル山地に挑戦したり、サハラ砂漠の謎を発見したり、2908メートルのジャバルタハトに対して能力をテストしたり、トゥアレグとラクダのキャラバンの一時的なメンバーになることは、アルジェリアでのトレッキングを楽しむためのさまざまな方法です。高原に沈む夕日は息を呑むほどで、写真撮影の機会が隅々まで待っています。

自然の驚異

アルジェリアの自然と野生生物に関して言えば、国の美しさには限りがありません。タッシリナジェ山脈の世界遺産は壮観であり、ムザブの石灰岩の谷は人気のアトラクションです。ゴラヤ国立公園、ベレーズマ国立公園、タッシリ国立公園、メルゲブ自然保護区などの自然保護区や国立公園は、アルジェリアの野生生物や壮大な鳥類を保護しています。訪問者は、ほんの数例を挙げると、ヒョウ、ヌママングース、フェネック、チーター、アカギツネ、ヒョウなどの素晴らしい動物を見る機会があります。バードウォッチング愛好家は、アルジェリアが鳥の宝箱であることに気づき、渡り鳥を含む多くのエキゾチックな鳥がアルジェリアを彼らの故郷にしています。

アトラクション

アルジェリアには、ハンマード朝の最初の首都、息を呑むような城塞、アルジェのカスバ、ティパザの町、ティムゴードとドジェミラのローマ時代の遺跡など、ユネスコの世界遺産が数多くあります。その歴史、文化、伝統はアルジェリアの人々にとって非常に重要であり、バルド民族学および地方美術館や国立美術館などの施設はアルジェリアの遺産を反映しています。マソウラ要塞やグランドモスクなどの建造物は、建築の見事な例であり、訪問者は過去を垣間見ることができます。壮大なアトラクションから息を呑むような自然の驚異まで、アルジェリアは誰にとっても何かを持っており、探検されるべき国です。

Algeria.comで入手できる旅行ガイドを幅広く利用することをお勧めします。これらはあなたに国の文化的側面、トップアトラクション、旅行オプションなどへの素晴らしい洞察を与えるでしょう。この魅力的な国のどの部分に行きたいかを決めたら、素晴らしい比較料金サービスを使用してホテル、フライト、レンタカーを予約します。

アルジェリアの冒険をお楽しみください!

関連ページ

健康アドバイス

アルジェリアへの旅行は楽しくエキサイティングな体験であり、この魅力的な国を探索する素晴らしい時間を過ごすことができます。病気や健康上の問題があなたの休暇を妨げないようにするために、あなたが考慮に入れたいと思うかもしれないいくつかの健康アドバイスをあなたに提供しました。地元の医療専門家に診てもらうことをお勧めします。

ドジェミラ

アルジェリアには、北アフリカで最高の遺跡とローマ時代の遺跡がいくつかあることで知られています。これらのサイトの多くはユネスコによって世界遺産として認識されており、1982年にこの栄誉はドジェミラに与えられました。ドジェミラは、アルジェリアだけでなく北アフリカでも最高の史跡の1つであり、美しく保存された遺跡はローマ建築の息を呑むようなモニュメントです。 。


TOURISM ALGERIA ALGERIAN HOTEL FLIGHT FERRY CAR RENTAL MUSEUM TOURIST VISA APPLICATION 2021 ALGERIA HOLIDAYS

観光アルジェリアはアルジェリアの観光に専念しています。初めてアルジェリアを訪れることは印象的で前向きに話されていますが、アルジェリアのホテル、フライト、フェリー、レンタカーに関連する実用的な情報に関しては挑戦が含まれています。

観光アルジェリアは、アルジェリアでの快適で安全で快適な旅行を楽しむために、最も関連性の高い情報へのアクセスを提供します。

アルジェリアの観光および旅行産業は、2021年でも、国内の巨大な石油およびガス産業にもかかわらず、またはそのために発展を続けていますが、政府は現在、サハラと文化観光。

2005年以来、アルジェリアは観光産業への外国および国内の投資を容易にするために法律を改正しました。最初の結果は、アルジェリアの28以上の空港にサービスを提供する5つ星ホテルと16の国際航空会社の設立で生み出されました。

アルジェリアの観光はその第一歩を踏み出そうとしており、アルジェリアの観光は現在主にビジネスマンを対象としていますが、観光インフラの開発が感じられ始めています。

2005年以来、アルジェは観光産業への外国および国内の投資を容易にするために法律を改正しました。最初の結果は、アフリカで最初の国であるアルジェリアルジェリアに28以上の空港にサービスを提供する5つ星ホテルと16の国際航空会社の設立で生み出されました。その表面積と、西部の一部でさえ依存している天然資源の莫大な戦略的備蓄があり、それは財政的な観点からアルジェリアにとってのみ有益です。

現在、大多数の航空会社はフェリーだけでなくアルジェリアにも就航しています。アルジェリアのホテル業界には、高級ホテルまたは控えめなホテルの部屋が含まれます。一方、アルジェリアでは、主に民間セクターのおかげで、ドライバーの有無にかかわらずレンタカーが順調に発展しています。

国立ホテル公園は、119,155床を表す1,368の施設で構成されており、2018年には80のホテル施設が稼働しました。つまり、6,900の新しいベッドがあり、1,100を超える雇用が創出されています。

アルジェリアでのケータリングは、サービスと食事の質、そして清潔さの両方に関して、過去10年間で大きな進歩を遂げました。地元の観光は非常に要求が厳しくなり、海外で同じ価格で得られるものと常に比較されます。

アルジェリアは、この不安定な収入源への依存が私たちが知っている結果をもたらした近隣諸国のように、低価格でマスツーリズムを推進したことはありません。


アルジェリアの観光をとても魅力的にするものは何ですか?

アルジェリアは未知の魅力的な国であり、旧政府は、アルジェリアの観光産業に対するノウハウと専門知識の欠如を伴う傲慢さは言うまでもなく、過失を選択していました。

アルジェリアの観光の可能性は、その天然資源よりもはるかに大きく、過小評価されています。

  • 1200キロメートルの沿岸地域。
  • いくつかの場所で冬にスキーの可能性を提供する手付かずの自然の山。
  • 世界最大の砂漠であるサハラは、そのほとんどがアルジェリアにあります(ホテルの下にあるエルウェッドにあるものを参照してください)。
  • アルジェリアがローマ帝国の穀倉地帯だったローマ時代の痕跡。
  • 非標準の美術館(とりわけ美術)。


アルジェリアの観光によって提供されるサービスは何ですか?

アルジェリアは、観光客(国内および外国人)に非常に多くの多様な機会を提供し、朝は地中海で泳いだり、北部のアルジェリアのスキーリゾートでスキーをしたり、アルジェリアでミントティーを飲んだりすることができます。午後のサハラ。

アルジェリアの観光サービスは、次の観光商品を提供しています。


索引

地理

テキサスのほぼ4倍の大きさで、大陸で最大の国であるアルジェリアは、西はモロッコと西サハラ、東はチュニジアとリビアと国境を接しています。地中海は北にあり、南にはモーリタニア、マリ、ニジェールがあります。国土の85%を占めるサハラ地域は、ほぼ完全に無人です。最高点はサハラのタハト山で、標高は9,850フィート(3,000 m)です。

政府
歴史

アルジェリアでの発掘調査は、 ホモ・エレクトス 50万年から70万年前にそこに住んでいました。フェニキア人の商人は紀元前1千年紀に地中海沿岸に定住しました。古代ヌミディアとして、アルジェリアは、ポエニ戦争の終わり(紀元前145年)に、マウレタニアカエサリエンシスと呼ばれるものの一部であるローマの植民地になりました。西暦440年頃にヴァンダル人に征服され、高度な文明から仮想野蛮に陥り、約650人のアラブ人の侵略後に部分的に回復しました。ローマ時代のキリスト教徒である先住民のベルベル人はイスラム教に改宗しました。 1536年までにオスマン帝国の支配下に置かれたアルジェは、3世紀にわたってバルバリア海賊の本部を務めました。表面上は海賊の地域を取り除くために、フランス人は1830年にアルジェリアを占領し、1848年にフランスの一部にしました。

アルジェリアの独立運動は1954年から1955年の蜂起につながり、それは本格的な戦争に発展しました。 1962年、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が和平交渉を開始し、1962年7月5日、アルジェリアは独立を宣言されました。 1963年10月、アーメド・ベン・ベラが大統領に選出され、国は社会主義者になりました。彼は外国の持ち株を国有化し始め、反対を引き起こした。彼は1965年6月19日、憲法を一時停止し、経済の安定を回復しようとしたHouariBoumdienne大佐によって軍事クーデターで倒されました。彼の死後、Boumdienneは1978年にChadli Bendjedid大佐に引き継がれました。1980年にアラビア語が国の唯一の公用語になったとき、Berbersは暴動を起こしました。アルジェリアは、1980年代に世界の石油価格が急落した後、大きな不況に突入しました。

最初の議会選挙

原理主義イスラム救国戦線(Front Islamique du Salut FIS)は、1991年12月の国内初の議会選挙で最大の票を獲得しました。選挙結果を阻止するために、軍は総選挙をキャンセルし、国を血なまぐさい内戦。 1992年1月に戦争が始まって以来、推定10万人がイスラムテロリストによって虐殺されました。宣言されていない内戦は、1997年から1998年にその残忍さと無意味さでエスカレートしました。もともと政府高官に攻撃を集中させ、その後知識人やジャーナリストに移ったイスラム過激派は、政治的動機を完全に放棄し、無防備な村人を標的にした。大量虐殺は彼らがランダムであるのと同じくらい野蛮であり、政府は暴力を食い止めるのに著しく効果がなかった。

1999年4月のアブデルアジズブーテフリカ大統領の就任は当初、この絶望的な戦争で荒廃した国に平和と経済的改善をもたらすと期待されていました。しかし、ブーテフリカは軍隊との権力闘争に閉じ込められたままであり、軍隊の支援は非常に重要です。民主主義の出現にもかかわらず、アルジェリアは本質的に軍事独裁政権のままです。 2001年には、イスラム過激派による暴力が再び増加し、長い間不満を抱いていたベルベル人の少数派がいくつかの大規模な抗議行動を行った。

改革の試み

2004年4月の大統領選挙では、国際的な監視員からその公平性が称賛され、現職のブーテフリカが投票の85%を獲得しました。ブーテフリカは、彼の2期目は、カビリのベルベル地域における3年前の危機を解決し、女性を制限的な家族法から解放し、「真の国民的和解」をもたらすことに専念すると述べた。内戦によって引き起こされました。国の悲惨な経済状況はわずかに改善しましたが、アルジェリアは依然として高い失業率に直面しています。

2005年10月、アルジェリア人は、ブーテフリカが後援する国民投票を承認しました。これは、平和と国民和解に関する憲章であり、同国の血なまぐさい内戦に関与するすべてのイスラム教徒と軍関係者に恩赦を与えます。誰にも責任を負わせずに和解が可能かどうかはかなり疑わしく、大統領の計画は恩赦ではなく記憶喪失の計画と呼ばれている。

和解の努力はテロ行為によって妨害されます

2007年4月、自爆テロ犯がアルジェの政府庁舎と首都郊外の警察署を攻撃したことにより、約35人が死亡し、数百人が負傷した。イスラムマグレブのアルカエダは攻撃の責任を主張した。テロリストグループは12月に再び攻撃し、アルジェリアの首都の国連事務所と政府の建物の近くで2回の自爆攻撃で60人もの人々を殺害しました。爆撃は互いに数分以内に発生します。これはアルジェリアで10年以上で最悪の攻撃でした。

2008年6月、ブーテフリカ大統領はアブデルアジズベルカデム首相を、首相を2度務めたアフメドウーヤヒアに置き換えました。

2008年8月、自爆テロ犯が爆発物を積んだ車をアルジェリア北部の町イセールの警察学校に運転したとき、少なくとも43人が死亡した。翌日、ブーイラの軍事司令部とホテルで2つの自動車爆弾が同時に爆発し、12人が死亡した。攻撃の責任を負うグループはないが、アルジェリア当局は、イスラムマグレブのアルカエダが爆撃の背後にいるのではないかと疑ったと述べた。

2008年11月、議会は、ブーテフリカ大統領の3期目の立候補を可能にする憲法改正を承認しました。野党はこの動きを批判し、民主主義への暴行と呼んだ。ブーテフリカは2009年4月に再選を勝ち取り、投票の90%以上を獲得しました。

2012年5月の議会選挙では、野党の影響力と政府の声を得ることへの希望が打ち砕かれました。穏健派のイスラム党の連立は、2011年のアラブの春以来この地域を席巻した変化と改革の波に乗ることができると楽観的でした。しかし、連立は463議席のうち48議席しか獲得せず、220議席を獲得した与党の国民解放戦線(FLN)を詐欺で非難した。

人質危機で数十人が死亡

2013年1月16日、イスラム過激派は、リビア国境近くのアルジェリア東部にあるBPが管理するインアメナスガス田で数十人の外国人人質を捕らえました。アルジェリア当局は、過激派はアルカイダの分派であるアル・ムラタミーンのメンバーであり、政府が管理する地域に侵入した過激派を打ち負かすために近くのマリにフランスが介入したことに対する報復として行動していると述べた。 1月17日、アルジェリア軍が複合施設を襲撃し、誘拐犯を攻撃しました。 1月20日のスタンドオフの終わりまでに、29人の過激派と37人の人質が殺された。 3人のアメリカ人が死者の中にいました。アルジェリア政府は、危機への手厚いアプローチで批判されましたが、謝罪はしませんでした。

2012年9月3日、アブデルアジズブーテフリカ大統領は、アブデルマレクセラールを首相に任命しました。政府の主要な内閣の立場は変わっていません。

2014年3月13日、アブデルマレクセラール首相は、アブデルアジズブーテフリカ大統領の再選キャンペーンを実施するために辞任しました。ユーセフ・ユーセフエネルギー大臣が首相に任命された。ブーテフリカは2014年4月に第4期に再選され、投票の81%を獲得しました。ブーテフリカに異議を唱え、投票の12%を獲得したアリ・ベンフリスが率いる野党は、選挙には「深刻な不正」があったと主張した。


アルジェリアのトレムセンで見るべきトップのもの。

トレムセンの大モスク。

トレムセンの大モスクは1136年に建てられ、アルジェリアで最も古い5つのモスクの1つであると信じられています。モスクは市内中心部にあり、背の高いミナレットで見やすくなっています。モスクは伝統的なアンダルシア様式(モーリッシュ北極圏とも呼ばれます)で建てられており、アルジェリア全土で最も美しいモスクと見なされています。

モスクは、建築様式が似ているため、スペインのコルドバにあるグレートモスクとよく比較されます。
私の訪問中、モスク内で写真を撮ることを許可する必要がありましたが、警備員にきちんと頼めば、彼はあなたにいくつかの速い写真を撮ることを許可します。

マンスラーモスク。

街のランドマークである高さ38メートルのミナレットマンスラー

街の西の郊外には、マンスラーの遺跡(アラビア語で「勝利」を意味する)があります。マンスラーはかつて城壁都市であり、都市の周囲には長さ4000m以上、高さ13メートルの壁があり、壁には80以上の監視塔があったと言われています。最近では、かつて重要だった都市の遺跡はあまりありませんが、印象的な高さ38メートルのミナレットはまだ背が高い。

ミナレットは、ラバトモロッコのハッサン塔やスペインのセビリアのヒラルダに見られるものと似ています。 ミナレットに登ることはできません.

高さ38メートルのミナレットマンスラー

エルメシューア宮殿。

エルメシュアール宮殿の外壁。

トレムセンで最も有名な場所はエルメシュアール宮殿です。宮殿はかつて、1248年にここに建てられたはるかに大きな城塞の一部でした。オスマン帝国時代に破壊された複合施設のほとんどは、不幸にも破壊されました。
しかし幸運なことに、2010年にトレムセンの一部として復元された城塞の重要な部分でした、2011年イスラム文化の首都。

エルメシュアールモスクのミナレット。

複合施設にはエルメシュアール宮殿があります。フランス領アルジェリア占領下の1311年に建てられたミナレットのあるエルメシュアールモスクは、このモスクが教会に変わったものです。ここには、アルジェリアのすべての地域の民族衣装を展示する博物館もあります。アルジェリアからお土産を持ち帰りたいなら、ここに地元の手工芸品の最大の品揃えがあるお店もあります。

アルジェリアの民族衣装博物館から。

あなたが私の地元の手工芸品にしたいなら、これは最高の場所です。

シディブーメディエンモスク。

SIDI BOUMEDIENEMOSQUEの内部。

SIDI BOUMEDIENEMOSQUEの内部。

古い宮殿の遺跡

シディブーメディエンモスクは1339年に建てられ、市内で最も重要な宗教的な場所の1つです。街を見下ろす丘の上にある街の外16Kmに位置しています。
複合施設はモスクであるだけでなく、イスラム教の学校であるシディブーメディエンの霊廟でもあり、モスクのすぐ外に古いトルコ風呂の遺跡さえある宮殿の古い遺跡もあります。

シディブーメディエン廟への入り口、写真の持ち込みは禁止されています。

シディブーメディエン廟は重要な巡礼地です。 Sidi Boumedieneは、Choa&iumlb Abou Madyane El Andaloussiとしても知られていました。1126年にスペインで生まれ、1197年にトレムセンで亡くなりました。アルジェリアの詩人であり、スーフィズムの教師であった彼は、北アフリカにスーフィズムを紹介した人物と見なされています。彼はトレムセンの天国の守護聖人と見なされていました。

シディベラセンモスク。

シディベラセンモスクの信じられないほどの彫刻のいくつか。

訪れる価値のあるもう1つのモスクは、トレムセンの大モスクの近くの広場のすぐ西側にある小さなシディベラセンモスクです。
モスクは1296年に建てられました。
トレムセンの大モスクとシディブーメディエンの両方がモスクを崇拝し、完全に運営するための不可欠な場所である一方で、シディベラシェンモスクは現在博物館として機能しています。

Beni Add Cave&ampにアクセスしてください エルオウリット滝。

ベニアド洞窟内の歩道

街の南東約20Kmには、65000年以上前と信じられている自然の驚異であるベニアッド洞窟があります。洞窟は、トレムセンの気温が驚異的な36度以上に達する可能性がある夏の間、特に人気がありますが、洞窟内では16度以上になります。洞窟自体は地下57m(187フィート)の深さまであり、巨大な鍾乳石とさまざまな色で照らされた印象的な石筍で覆われています。

ベニアッド洞窟からトレムセンに戻る途中にいくつかの小さな滝がありますが、滝自体は自慢するものではありません。その周辺には小さなレストランがあり、コーヒーを飲むのに最適な場所です。または軽食。

ケーブルカーに乗ります。

街のパノラマビュー

国の首都アルジェや素晴らしい橋の街のようなアルジェリアの他の都市のように、コンスタンティンもケーブルカーを持っています。他の2つの都市のケーブルカーは地元の人々にとってより実用的ですが、ここトレムセンのケーブルカーも町の中心部からララセッティまでの景色の良い場所で使用されています。海抜1000メートルの高原からトレムセンの街全体の壮大なパノラマビューを楽しめます。

小さな遊園地、パドルボートのある人工湖、戦争博物館、5つ星ホテルのルネッサンスホテルもあります。トレムセンでアルコールを購入できる数少ない場所の1つは、ここの森です。日帰りハイキング。

トレムセンに関する追加情報。


米国大使館アルジェ

5 Chemin Cheikh Bachir Ibrahimi、
El-Biar
16030アルジェ
アルジェリア
電話番号:+(213)770-08-2000
緊急営業時間外電話:+(213)770-08-2200
ファックス:0770-08-2299
[email protected]

宛先の説明

米国とアルジェリアの関係については、アルジェリアに関するファクトシートをご覧ください。

入国、出国、ビザの要件

ビザの手続きについては、アルジェリア大使館のウェブサイトをご覧ください。

エントリーの要件:

クルーズ船で到着し、組織的な寄港地観光に参加する乗客は、事前にビザを取得する必要はありません。他のすべての旅行者は、旅行前にアルジェリア大使館または領事館からビザを取得する必要があります。パスポートにイスラエルの入国スタンプがある場合、問題が発生する可能性があります。

入国時にパスポートにスタンプが押されたら、滞在できる期間を確認してください。内務省(外国人事務所)に滞在延長を申請できる場合があります。ただし、オーバーステイする場合は、アルジェリアを出発する前に裁判官の前に出頭する必要があります。このような状況にある場合は、最寄りの警察署に相談してください。

アルジェリアでの居住を希望する米国市民の場合は、アルジェリアでの居住に関するページをご覧ください。

二重国籍: アルジェリア政府は、アルジェリアのパスポートでアルジェリアに入国する二国間アルジェリア系アメリカ人を、アルジェリア国民としてのみ扱います。アルジェリア人と結婚している米国市民の女性は、出発するために夫の許可を必要としません。片方の親だけでアルジェリアのパスポートでアルジェリアを出る二国間未成年の子供は、アルジェリアの家族の本を提供する必要があります(livret de famille) in order to demonstrate the relationship between the child and the accompanying parent.

HIV restrictions: We are unaware of any HIV/AIDS entry restrictions for visitors or foreign residents of Algeria.

See the U.S. Embassy website for information on Algerian Customs import/export restrictions.

Safety and Security

Terrorist Activity: While Algeria has long been an important counterterrorism partner to the United States and has continued its aggressive campaign to eliminate all terrorist activity, active terrorist threats remain within Algeria and along its borders, in particular from the groups Al-Qa’ida in the Islamic Maghreb, the Movement for Unity and Jihad in West Africa, al-Murabitoun, and Jund al-Khilafah in Algeria, which has sworn allegiance to the Islamic State of Iraq and ash-Sham (ISIS).

Terrorist attacks usually target Algerian government interests and security forces outside of major cities and mainly in mountainous and remote areas, although attacks in 2017 and 2018 injured and killed police and security forces in the cities of Constantine and Tiaret, and the regions of Sidi Bel Abaas and Azzaba.

The Department of State warns U.S. citizens against travel to remote areas in southern and eastern Algeria, due to a high threat of terrorist attacks and kidnapping. As noted in our Travel Advisories for Algeria, U.S. citizens should:

  • avoid travel to rural areas within 50 km (31 miles) of the border with Tunisia and within 250 km (155 miles) of the borders with Libya, Niger, Mali, and Mauritania due to terrorist and criminal activities.
  • avoid overland travel across the Sahara. Travel to Saharan cities only by air.
  • remain on principal highways when traveling to coastal/mountainous areas east of Algiers and the mountains immediately south of Algiers.
  • always travel with reputable Algerian travel agents who know the area.
  • avoid staying overnight outside of the main cities and tourist locations.
  • inform local police when staying in locations outside of major cities.

In general, U.S. citizens in Algeria should keep a low-profile and avoid predictable travel patterns. See our Travel Advisories for Algeria for more information.

Civil Disturbances: Civil disturbances sometimes occur throughout the country. These disturbances are overwhelmingly based on longstanding socio-economic grievances. Protesters have ignited fireworks, burned tires, damaged property, and looted businesses. At times police used tear gas and other means to disperse crowds.

Crime: The crime rate in Algeria is moderate. Algeria has a very visible police presence throughout the country, as well as many plain-clothes police officers. Petty theft and home burglary occur frequently in low income areas, and occasionally in affluent neighborhoods. Theft of contents and parts from parked cars, pick-pocketing, theft on trains and buses, theft of items left in hotel rooms, and purse snatching can occur. Only stay in hotels where adequate security is provided.

The Algerian Association for Defense of the Rights of Children (NADA) recorded three victims and 56 attempts of child kidnappings nationwide within the first six months of 2018. Algerian law enforcement has implemented a security plan to cope with this phenomenon by deploying plain-clothes policemen at schools and in the neighborhoods where disappearances are more common and a toll-free number “104” has been implemented.

The U.S. Embassy has seen several cases in which American citizen women who meet an Algerian man on-line are lured to Algeria for marriage and are then held against their will in abusive situations. See our information on Internet Dating and Marriage Fraud. See the Department of State and the FBI pages for information on scams.

Victims of Crime: U.S. citizen victims of sexual assault should first contact the U.S. Embassy at (213)770-08-2000.

To reach Algerian emergency services in Algeria, see our Emergency Phone Numbers page.

Reliability and response time of emergency services varies, but is not to U.S. standards. Emergency operators may or may not speak French they normally do not speak English. Remember that local authorities are responsible for investigating and prosecuting crime.

  • help you find appropriate medical care
  • assist you in reporting a crime to the police
  • contact relatives or friends with your written consent
  • explain the local criminal justice process in general terms
  • provide a list of local attorneys
  • provide our information on victim’s compensation programs in the U.S.
  • provide an emergency loan for repatriation to the United States and/or limited medical support in cases of destitution
  • help you find accommodation and arrange flights home
  • replace a stolen or lost passport

Domestic Violence: U.S. citizen victims of domestic violence may contact the U.S. embassy for assistance.

Tourism: The tourism industry is regulated, but not all facilities and equipment meet U.S. standards. Hazardous areas/activities are not always identified with appropriate signage, and staff may not be trained or certified either by the host government or by recognized authorities in the field. In the event of an injury, appropriate medical treatment is typically available only in/near major cities. First responders may be slow to access areas outside of major cities and to provide urgent medical treatment. U.S. citizens are encouraged to purchase medical evacuation insurance. See our webpage for more information on insurance providers for overseas coverage.

Local Laws & Special Circumstances

Criminal Penalties: You are subject to local laws. If you violate local laws, even unknowingly, you may be expelled, arrested, or imprisoned.

  • Always carry your passport, or a copy of it, with you, or you may be taken in for questioning by law enforcement officials.
  • Photographing military installations and government buildings (often marked by an Algerian flag over the entrance) is prohibited.
  • Items that are legal to bring into and carry in the United States may not be legal in Algeria. See the U.S. Embassy website for information on Algerian Customs import/export restrictions.
  • Driving under the influence of alcohol or drugs could land you immediately in jail.

Furthermore, some laws are also prosecutable in the U.S., regardless of local law. For examples, see our website on crimes against minors abroad and the Department of Justice website.

Arrest Notification: If you are arrested or detained, ask police or prison officials to notify the U.S. embassy immediately. See our webpage for further information.

Faith-Based Travelers: Islam is the state religion of Algeria. The Algerian government allows non-Muslim religious worship only in structures exclusively intended and approved for such purpose. Activities such as proselytizing and encouraging conversion to a faith other than Islam are prohibited. Penalties may include fines and imprisonment. See the Department of State’s International Religious Freedom Report.

LGBTI Travelers: The law criminalizes public indecency and consensual same-sex sexual relations between adult men and women with penalties that include imprisonment of six months to three years and a fine of DZD 1,000 to DZD 10,000 ($8.50 to $85). The law also stipulates penalties that include imprisonment of two months to two years and fines of DZD 500 to DZD 2,000 ($4.25 to $17) for anyone convicted of having committed a “homosexual act.” If a minor is involved, the adult may face up to three years’ imprisonment and a fine of DZD 10,000 ($85).

LGBTI activists reported that the vague wording of laws criminalizing “homosexual acts” and “acts against nature” permitted sweeping accusations that resulted in multiple arrests for consensual same-sex sexual relations, but there were no known prosecutions during the year. LGBTI status is not, in itself, criminalized however, LGBTI persons may face criminal prosecution under legal provisions concerning prostitution, public indecency, and associating with bad characters. NGOs report that judges give harsher sentences to LGBTI persons.

See our LGBTI Travel Information page and section 6 of our Human Rights report for further details.

Travelers Who Require Accessibility Assistance: Physical accessibility and accommodations tend to be lacking, as compared to the United States. The condition of sidewalks and streets is often poor, and there are almost no curb cuts or other modifications made for wheelchairs. Street curbs in Algeria may stand much higher than those in the U.S., and a person in a wheelchair would require significant assistance in negotiating curbs.

Hotels, restaurants, and most government buildings are not accessible to persons with physical disabilities. Restrooms and elevators rarely can accommodate wheelchairs. Very few vehicles, including buses and taxis, are accessible for persons with physical disabilities.

Women Travelers: Women walking along the streets in Algeria may experience sexual harassment from passing motorists and pedestrians. See our travel tips for Women Travelers.

Travel within Algeria: All employees of foreign companies or organizations based in Algeria who are not Algerian citizens must contact the Ministry of the Interior, Foreigners Office, before engaging in any travel within the interior of the country. The Ministry will notify local police of the planned travel and the police may choose to assign escorts for that travel.

Marriage in Algeria: See our Marriage in Algeria webpage for documents that must be obtained before leaving the United States.

Disaster Preparedness: Algeria is a seismically active country, with earthquakes regularly occurring throughout the country. Make contingency plans for your travel in Algeria and leave emergency contact information with family members outside of Algeria. General information about natural disaster preparedness is available from the U.S. Federal Emergency Management Agency (FEMA) and at Ready.gov. For more information on disaster preparedness, please see the following links:

通貨: Travelers must declare upon entry at Customs if they are traveling with more than 3000 Algerian dinar or foreign currency that exceeds 1000 euros (or the equivalent). The amount of up to 7500 Euros (or equivalent in other foreign currency) can be taken out of the country. Proof that the money has been withdrawn form an Algerian bank account is required. According to Algerian Customs guidelines, foreign citizens cannot take any amount of Algerian currency outside of the country. Algerian residents can take the amount of up 10.000DA out of the country, Algerian dual-nationals who are not residents or other third country nationals are not permitted to take Algerian currency outside of the country.

The official exchange rate may vary considerably from the actual exchange rate on the street. It is illegal to change money on the black market, and you should only exchange foreign currency at banks or authorized currency exchange locations, such as major hotels.

Upon leaving Algeria, authorities may ask if you have any currency and possibly search you. Penalties can be severe if you failed to declare foreign currency in excess of the above amount upon entering Algeria, but are found to possess it when exiting the country. They will compare the amount of foreign currency you declared when entering and the amount you are taking out, and you will need to show documentation that your currency was exchanged legally.

健康

While hospitals and clinics are available, they are not up to U.S. or European standards. The quality of hospitals and clinics is improving in large urban centers. Doctors and hospitals often expect immediate cash payment for services. Most medical practitioners speak French English is not widely used.

Emergency services are satisfactory, but response time is often unpredictable. In all cases, response time is not as fast as in the United States.

Prescription Medications: While it is usually easy to obtain over-the-counter products, prescription medicines are not always readily available. See our information on local names for common over-the-counter medications.

The Algerian government restricts the importation of certain pharmaceuticals for commercial resale. In addition, medicines may be sold under different brand names with different dosages from those sold in the United States. Some newer medications may not yet be available in Algeria.

If traveling with prescription medication, check with the government of the Algerian Customs and Ministry of Health to ensure the medication is legal in Algeria. Always carry your prescription medication in original packaging with your doctor’s prescription.

The U.S. government does not pay medical bills. Be aware that U.S. Medicare does not apply overseas.

Medical Insurance: Make sure your health insurance plan provides coverage overseas. Most care providers overseas only accept cash payments. See our webpage for more information on insurance providers for overseas coverage.

We strongly recommend supplemental insurance to cover medical evacuation.

Vaccinations: Be up-to-date on all vaccinations recommended by the U.S. Centers for Disease Control and Prevention.

Further Health Information:

Cases of tuberculosis are regularly reported, but do not reach endemic levels. For further information on tuberculosis, please consult the CDC’s information on TB. Every summer, public health authorities report limited occurrences of water-borne diseases, such as typhoid. HIV/AIDS is a concern in Algeria. On August 23, 2018 the Algerian Ministry of Health (MoH) announced an outbreak of cholera in northern parts of the country, in around the capital province Algiers. The situation appears to have been contained, with the last confirmed case in late September 2018. Travelers can find the most up to date information on the Algerian Ministry of Health website.

Travel and Transportation

Road Conditions and Safety: Algeria suffers significant road safety problems, including poorly maintained roads, a lack of roadway signage, insufficient vehicle maintenance, defective and pirated auto parts, driver fatigue, and reckless and unskilled drivers. Lack of enforcement continues to be a major problem. While emergency response resources are adequate in Algiers and other populated cities, this is not the case in rural areas.

  • Travel overland, particularly in the southern regions, may require a permit issued by the Algerian Ministry of Interior.
  • Algeria recognizes International Driving Permits. U.S. citizens who wish to drive in Algeria should obtain an International Driver’s Permit in advance. See the Department’s Driving Abroad page for more information on driving permits. For information on obtaining an Algerian driver’s license, see the Algerian Ministry of Interior’s page for driving licenses.
  • Drivers will encounter police and military checkpoints on major roads within/around Algiers and other major cities. Police will require you to turn off your headlights when approaching a checkpoint at night.
  • Rather than traffic lights, police control most major traffic intersections in Algiers.

Please refer to our Road Safety page for more information. Visit the website of the Algerian Embassy in Washington, DC for information concerning Algerian driver’s permits, vehicle inspection, road tax, and mandatory insurance.

Public Transportation: Trains operate between cities in the coastal regions of Algeria (although not inter-country) and are generally safe and reliable. There is a new urban railway in Algiers that runs along the coast and is clean and well-policed. Due to concerns about crime and mechanical safety, citizens should consider carefully the risks of buses, as well as taxis hailed on the street. There are new radio-dispatch taxis within Algiers as well as taxi hailing apps such as “Yassir”.